FC2ブログ
第75回与野親と子のよい映画をみる会を開催します

●と き 2013年2月17日(日) ① 10:30~12:10  ② 13:30~15:10
●ところ さいたま市産業文化センター(与野本町駅徒歩6分)
●料 金 800円(4歳以上)
●主 催 与野親と子のよい映画をみる会 親子映画埼玉県連絡会


ガンバ

■このアニメーションは、野間児童文芸賞を受賞した齋藤惇夫の原作を元にしたアニメ『グリックの冒険』『冒険者たち―ガンバと七匹の仲間―』に続く冒険シリーズの完結編です。
■ガンバなど6匹、個性豊かなネズミのほかにあらたなキャラクターとして絶滅(寸前)のカワウソが登場。
明治時代の初期のころまでは日本各地に生息しカッパの伝説にも取り上げられるという庶民の生活に密着した生き物ですがも1979年の目撃例が最後となりました。
 ※ニホンカワウソは、国の天然記念物で『絶滅危惧種』に指定されていましたが、30年以上生きている姿 を確認出来ないため、2012年に「絶滅種」に指定されました。
■原作者の齋藤さんは「カワウソが絶滅の危機に瀕していることを知って、これは日本の将来、地球の未来に対して限りない不安を抱くようになりました。子どもたちの命も危ない!という使命感に近い気持ちでこれを本にしました。」と語っています。人間による自然破壊と生態系への影響をテーマとした原作に沿った演出をしています。

◆ものがたり◆
 シジンの婚約者のナギサが「南の島」へ墓参りに行ったきりもどってこないという。
久しぶりに再会したガンバとその仲間たちは、再会の感激にひたる間もなく、シジンの頼みで新たな冒険に向かうことになる。
 島に着いたガンバたちは、そこで奇妙な話を耳にする。この大川のどこかにひそかに生きているらしいカワウソと、ナギサが一緒に生活しているというのだ。大川の上流めざして行動を開始するガンバたち。
どこから突然襲ってくるかもしれない危険な旅がついに始まる。

 「カワウソ」の紹介ビデオも上映します。


NEXT Entry
学校訪問を行いました
NEW Topics
さいたま市長・さいたま市教育長への要望書
与野親と子のよい映画をみる会は50周年を迎えました



Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

民主教育をすすめる与野・市民会議

Author:民主教育をすすめる与野・市民会議
この会は、子どもの人権を大切にしその可能性をのばすために、 父母・教職員・市民の共同の力で子どもたちの未来をきりひらく
教育・文化を発展させることをめざします。

最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031